11月23日にタワレコ渋谷店がリニューアルするんですが、
それのコンセプト映像やインタビュー映像を友達が監督していて、
そのキャンペーンサイトを制作するということで、
Webサイト制作を担当しました。

http://liveliveful.jp/


超カッコイイ映像が見られるので、ぜひぜひ見てみてください。
インタビューが定期的に更新されていくんですが、
更新作業などもやってます。

監督はショウ、
音楽は同じチームのフットサル仲間でもある小野さん、
カメラマンは知り合いの岡村さんと、
以前blindというショートフィルムを作ったメンバーが
4人も関わっていて、自分がWeb担当だから、
撮影もすべて終わっている状態からしか関わっていないけど、
知った名前が多く、面白いプロジェクトでした。

Webサイトの仕事は後々雑誌とかで紹介されたときに、
紙面にスタッフとして名前が載ることはあるんだけど、
今回はWebサイト自体にスタッフ名が掲載されていてるので、
自分の名前が紹介されていてなんか感動。


制作期間が短かったのと、
PC&スマフォ版両方作らないといけなくて、
更にスマフォはAndroid2.x系、Android4.x系、iOS5系、iOS6系と
挙動が違って、Android2.x系に最適化すると、iOS6で動かなくなったりと、
デザインや演出よりも、そっちに無駄に時間がかかってしまいました。

まぁ何はともあれ無事に公開できてよかったです。

去年のCut&Pasteで共に戦った戦友のショウダくんがショートフィルムを作り、
それのWebサイトを作りました。
4分程度の短い作品なのでぜひともご覧ください。

http://www.blind-film.net/



原発をテーマにしている作品で、
今の日本人の目からすると描画がリアルなので、
ちょっと衝撃が強いかもしれません。

テーマがテーマなのか、Twitterで話題を呼び、
現時点でVimeoとYouTubeの合計再生数がすでに5万回を越え、
Facebookの「いいね!」を押された回数も900回を超えてます。

Twitterのクチコミで多く広がったせいか、
iPhoneやAndroidでのアクセスがかなり多く、
頼まれてもいないスマフォ用のサイトを作っておいてよかったなぁっと思いました。


ちなみにWebサイトを作ることになったのは、
とあるイベントの帰りに、
「今ショートフィルム作ってるからそれのサイト作ってよ」
と言われたので、
「別にええよ」
と軽く返事をしたのがキッカケ。


海外のKICK STARTERというところで出資を仰ぎ、
そこで資金を集めて製作するという新しい試みが用いられた作品。
サイトにあるSpecial Thanksを押したときに表示されるのが出資者の方々です。

http://www.kickstarter.com/projects/1503216494/blind-post-nuclear-tokyo-commute


監督の彼とは同じ年なのでいい刺激になりますねー。

今年もWebやらなんやら色んなことをつらつらと...。

■とにかく2010年はAdobe叩きがすごかった
事の発端はAppleのジョブスが
Flashで書きだしたiPhoneアプリ排除するような動きをして、
ついでにFlashに毒を吐きまくったこと。

それによりFlashというかAdobe叩きがものすごい勢いで広まり、
色んなところからAdobeに対して批判的な意見が続出してきた。

WebDesigningの10月号「Webデザイナー白書2010」の特集記事の中に、
読者のWebデザイナーとして少しだけ紹介していただきました。
自分の自己紹介や、仕事紹介、将来に向けてのの一言などが載っています。




ちょっとカッコ付けたこと言っちゃってますがお気になさらず...。
お時間のある方はぜひ見て見てください。

可愛い女の子が二人載ってますが、
僕の娘ではなく、兄貴の娘二人です。
コハちゃん、ヒヨちゃん写真貸してくれてありがとう!

4月16日(金) 21:00からテレビ朝日系列で放送がはじまる、
「警視庁失踪人捜査課」のドラマサイトを制作させていただきました。

朝日放送「警視庁失踪人捜査課」
http://shissou.asahi.co.jp/

放送終了まで更新は続くので、6月まで更新していきます。
今後は面白いスペシャルコンテンツも公開される予定。







++ Credit ++
Client:朝日放送(ABC),テレビ朝日
Design,Flash:Junji Suzuki(BillionMilesAway)


台本を読ませていただきましたが、
1話完結のドラマで、毎回毎回色んな失踪人がいて面白いです。

僕も仕事が忙しくて寝れない日が続いているときは
失踪したくなります。
足はそこそこ速いのでいつか全力疾走で失踪したいです。
ウソです。

創土社さんから2月28日に発売される
ファンタジー小説「エミリー・レインとリシダス」の
特設サイトを制作させていただきました。

・エミリーレインとリシダス
http://www.soudosha.jp/lycidas/

書籍のサイトはビジュアルが本のカバーしかなかったので、
ストーリーから連想されるイメージをデザインしてみました。

「エミリー・レインとリシダス」は、
魔界都市などで有名な菊池秀行さんが絶賛しているファンタジー小説です。

私も少し読ませていただきましたが、
ファンタジー好きにはたまらないストーリーで、
舞台が中世などではなく、現代にしているところも良かったです。

ストーリーのページで第一巻の第一章をすべて読むことができますので、
お時間のある方はぜひ読んでみてください。

Amazon等での予約はまだですが、2月28日に発売予定です。




++ Credit ++
Client:創土社
Direction,Design,Flash,CG:Junji Suzuki(BillionMilesAway)
Illust:All Silhouettes

登場人物のシルエットにはAll Silhouettesの素材を使わせてもらいました。
CreativeCommonsの写真をいくつか使わせていただいてます。

この数年Webカメラを使って何かをさせるサイトが増えてきている。

特に最近はAR関連のサイトが増えてきており、
ますます拍車が掛かってる気がする。
とは言いつつもごく一部だろうけど。

ちなみに僕はノートパソコンにしかWebカメラはついてないし、
Webカメラを使うアプリは面倒なので大抵はやらない。

画像のアップロードを求められるものも面倒なのでやらない。

一般の人たちはWebカメラを使ったサイトをどう思ってるんだろうか?

年末も近いということで今まで見てきたサイトで好きなものをご紹介。
偏っているようで偏ってないような...。

カッコイイサイトだったり、可愛いサイトだったり、泣けるサイトだったりと。
年齢を重ねるごとに好きなものを少しずつ変わるもんだなと思いました。

今年見た好きなサイトのまとめではないのであしからず。

フリーになってからの初のフルFlash案件ローンチしました。

EXITO
http://www.ex-ito.jp/

exito1.jpg

exito2.jpg
++ Credit ++
Art Director:Gaku Ohata(g+un graphic)
Designer:Yoshio Nakada(g+un graphic)
Flash Developer:Junji Suzuki(BillionMilesAway)

山田英二さんや日高英輝さんなど
著名なJAGDA会員のデザイナーたちがデザインしたTシャツが買えます。

イケてるデザインのTシャツばかりなので、
みなさんポチっとしちゃってください。

正直あんまり理解できてないけど、
noenoeさんが公開していたのを元に
自分で昔作ったキャラのボロットくんを走らせて、
それをcollada形式で書き出してwonderflで読み込ませてます。

UVテクスチャがうまく貼れてなくて、
なぜかワイヤーフレームになっちゃってるけど...。

PaperVisionは難しいっすねぇ。

もっと勉強して、
もっとちゃんとしたものを作れていければって感じっす。

貼ってみた。



かなり笑える。
この絵を見てわかるように制作者は間違いなくGOLDEN EGGS。

声優はハイジを友近、
山を次長課長の河本がやってるみたい。

ただ残念なのが河本が何を言っているのかわからない。
特に後半。

字幕を表示できるようにしてほしいですね。

[追記]
ブログパーツを実際貼ってみて思ったのが、
背景が暗いブログだとかなり見た目が悪いので
フレームを付けるなどして対応してほしい。
上の1pxの中途半端な余白はなんとかならんものか...。

それとPLAYボタンがデザインになじみすぎてわかりにくい。
YouTubeみたいに再生エリアのど真ん中に
配置するべきなんじゃないかなぁ。
これじゃあただの画像に見える。

[追記 2009.06.02 ]
ブログパーツの背景が透過されるようになって、
黒い背景のブログでも変な1ピクセルの線が見えなくなった。
あとはPlayボタンだな。
まっこれはさすがに直さないだろうけど

vol.1のつづき

2.[Adobeセッション]
今こそ検討の時!CreativeSuite4導入指南
~ハードとソフトは二人三脚?~
アドビ システムズ デザイングループ
フィールドマネージャー 岩本 崇

これに関しては正直書くことがあまりない。
多少書きますが、ちょっとAdobe批判になってしまうかも。

デモ機を最新のintelMacではなく、G5 Dualでおこない、
古いマックでも動くということをアピールしていた。

Lightwaveで作ったCGアニメーションをTARGAの連番ファイルで書き出し、
それをAftereffectsに読み込んで色味やタイミングを調整して、
またTARGAで書き出し。

それをMAC版FLASHに読み込むと
なぜか全体的に色が薄くなってしまい、
書き出した通りに絵にならなかった。

でもこれはMAC版FLASHだけの問題らしく、
WIN版FLASHだと色が変わることなく、
普通に読み込むことができた。

WIN版はFLASHはTARGAを読み込むのに異常に時間がかかるけど、
MAC版は一瞬で読み込みが終わる。
どうやらMAC版は読み込むときに変換してるっぽい。

TARGAじゃなくて、初めからPNGで書き出せばって感じなんだけど、
FLASHCS3はAfterEffectsで書き出したPNGを読み込むと、
ちゃんと読み込めないバグがあるのでそれができない。

同じ会社が作ってるんだから、
そこんとこちゃんとやってほしいねぇ。

それにしてもFlashはまだまだ動画が扱いにくいっす。

貼ってみた。



実際に子供が出来たら結婚式でこんな映像を流してあげたいなぁーっと
思いましたね。

購買意欲をそそられました。

まっ子供いないけどね。
ってか結婚してないけどね。
んでもって結婚相手もいないけどね。

せつねぇー!

APMTには2と3の2回連続行ったけど、
今回のAPMT4には行けそうにない...。

僕の好きなNorthKingdomが来るので残念でしょうがないです。

NorthKingdomとは去年カンヌでグランプリを取った、
Get the Glass!のサイトを制作した人たちです。

僕が好きなサイト上位に入っている、
Brittlelactica: Planet in needを作ったことでも有名
NorthKingdom
http://www.northkingdom.com/

Get the Glass!
http://www.gettheglass.com/

Brittlelactica: Planet in need
http://www.planetinneed.com/

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちWebカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはRunnningです。

次のカテゴリは制作物です。

最近の記事はインデックスページで見られます。
過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。