過去のブログでも書いているとおり、2009年4月何のコネもなく独立しましたが、
無事に5年目に突入することができました。
これも日頃からお世話になってる会社さんや、自分の努力の賜物だと思ってます!キリッ

個人の仕事としては昨年度はFlash案件がほぼなくなり、その代わりに映像やCGの仕事が増えて、
Web業界の変革を感じる1年でした。
スマフォが爆発的に普及し、映像も気軽に配信できるようになったので、
今までFlashで見せていたようなものを
映像を使って見せられるようになってきたということだと思います。

Web業界全体で見れば昨年度はHTMLだけでFlashのような演出を無理やりさせるサイトや、
スクロールで派手な演出を見せるパララックスなんてものが騒がれてましたけど、
そんなブームも終わろうとしていると感じます。

個人的には今年度はFlashの復権の予感がしており、PCサイトとスマフォサイト、
アプリの住み分けがうまくされていくと思ってます。
企業側もHTML5の限界やFlashの良さに気づき、
昔ほどではありませんがFlashが復権してくるような気がしてます。

1ソースであらゆるデバイスに対応できるレスポンシブデザインなんてものが少し騒がれ
チラホラと見かけましたが、色々と制限が出てくるのと、
見せ方がどれも同じように見えてしまうので、
残るものも当然あるとは思いますが、
広告的なサイトはかなり多くのものが消えていくと思います。


個人としては5年目の今年が節目だと思っており、
このままフリーを続けていくのか、組織化するのか、またサラリーマンに戻るのかを
この1年を通して考えていこうと思ってます。
正直なところここ数年のWeb業界の流れが早すぎて個人(一人)でやるには
限界を感じているというのもあります。

それと大きなことではありませんが、
今年は色々と新しいことにもチャレンジしようとも思っています。

本年度もよろしくお願いいたします。


2013年4月2日 BillionMilesAway 鈴木順二

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

っで話はいきなり変わるけど、
JAYPEG
というクリエイターが作品を投稿するサイトがあって、
去年そこでクリスマスカードのコンテストみたいのをやっていた。

暇なときにそれ用のクリスマスカードを作って投稿してみたので、
それの制作工程を書いてみる。

完成版がこちら

 christmas_card.jpg

投稿されてるカードを見て、パンチ効いているのがないなぁっと思ったので、
パンクなデザインにしようかと思って、
自分の好きなスカルヘッドとクリスマスを合わせたデザインにしようと思いました。

クリスマスツリーとスカルヘッドを組み合わせようと考えたけど、
横長なカードだったので、ツリーは止めて緑のサークルのこれにしました。
これがなんてアイテムかよくわかんないんだけど...。

いつもは軽く手描きでラフを描くんだけど、今回はいきなりCGソフトから。
素材のスカルヘッドをCGソフトのmodoで開きます。

01.jpg

スカルヘッドが口を開いてなんか咥えてたら面白いなぁっと思ってたので、
緑のあれを咥えさ、骨っぽい質感のスカルヘッドを
クリスマスっぽくメタルな感じにして、
クリスマスの飾りによく使われるボールを目ん玉に。

02.jpg

緑のあれから生えてるのはmodoのfurを使って生やしました。

03.jpg

下に入っているMerry Christmasという文字はイラレのパスを読み込んで厚みをかけてます。
イラレファイルがドラッグアンドドロップで簡単に読み込めるのもmodoの素晴らしいところ。

04.jpg

05.jpg

 あとは背景入れて、照明の設定、質感の微調整などをしていったけど、
画面左下と右下の空白が寂しいので、
別のスカルヘッドも入れて目ん玉の色を変えたりしていきました。

06.jpg

modoで最終レンダリングしたものが下の画像の上。下が最終版。
自分はCGで完成させることはなく、レタッチをかなりしていくので、
ここから微調整。
今回は時間もなかったのであんまりしてないけど。

07.jpg

レタッチ工程のgifアニメーションがこちら。
特定色域の選択、明るさ・コントラストの調整、
グラデーションオーバーレイの合成などをしていき、
デザインを仕上げていきます。

08.gif

レタッチ作業は終わっても、
パンクなデザインにしてはなんか全体的に眠い感じになっているので、
シャープをかなり強めにかけて全体にノイズ感を出して完成。

09.jpg
以上です!

11月23日にタワレコ渋谷店がリニューアルするんですが、
それのコンセプト映像やインタビュー映像を友達が監督していて、
そのキャンペーンサイトを制作するということで、
Webサイト制作を担当しました。

http://liveliveful.jp/


超カッコイイ映像が見られるので、ぜひぜひ見てみてください。
インタビューが定期的に更新されていくんですが、
更新作業などもやってます。

監督はショウ、
音楽は同じチームのフットサル仲間でもある小野さん、
カメラマンは知り合いの岡村さんと、
以前blindというショートフィルムを作ったメンバーが
4人も関わっていて、自分がWeb担当だから、
撮影もすべて終わっている状態からしか関わっていないけど、
知った名前が多く、面白いプロジェクトでした。

Webサイトの仕事は後々雑誌とかで紹介されたときに、
紙面にスタッフとして名前が載ることはあるんだけど、
今回はWebサイト自体にスタッフ名が掲載されていてるので、
自分の名前が紹介されていてなんか感動。


制作期間が短かったのと、
PC&スマフォ版両方作らないといけなくて、
更にスマフォはAndroid2.x系、Android4.x系、iOS5系、iOS6系と
挙動が違って、Android2.x系に最適化すると、iOS6で動かなくなったりと、
デザインや演出よりも、そっちに無駄に時間がかかってしまいました。

まぁ何はともあれ無事に公開できてよかったです。



CM自体は面白いんだけど、
相手にスライディングさせられて不機嫌なのか、
お腹が空いて不機嫌なのかがいまいち分からず、
せっかくの沢尻エリカの自虐ネタがもったいない感じになってる。

テンポ感も悪いし...。
もう少し何とかなったんじゃないだろうか。




去年のCut&Pasteで共に戦った戦友のショウダくんがショートフィルムを作り、
それのWebサイトを作りました。
4分程度の短い作品なのでぜひともご覧ください。

http://www.blind-film.net/



原発をテーマにしている作品で、
今の日本人の目からすると描画がリアルなので、
ちょっと衝撃が強いかもしれません。

テーマがテーマなのか、Twitterで話題を呼び、
現時点でVimeoとYouTubeの合計再生数がすでに5万回を越え、
Facebookの「いいね!」を押された回数も900回を超えてます。

Twitterのクチコミで多く広がったせいか、
iPhoneやAndroidでのアクセスがかなり多く、
頼まれてもいないスマフォ用のサイトを作っておいてよかったなぁっと思いました。


ちなみにWebサイトを作ることになったのは、
とあるイベントの帰りに、
「今ショートフィルム作ってるからそれのサイト作ってよ」
と言われたので、
「別にええよ」
と軽く返事をしたのがキッカケ。


海外のKICK STARTERというところで出資を仰ぎ、
そこで資金を集めて製作するという新しい試みが用いられた作品。
サイトにあるSpecial Thanksを押したときに表示されるのが出資者の方々です。

http://www.kickstarter.com/projects/1503216494/blind-post-nuclear-tokyo-commute


監督の彼とは同じ年なのでいい刺激になりますねー。

前に学生さん作った「フミコの告白」って自主アニメがネットで話題になってたけど、
それを作った石田祐康さん制作の新作アニメが素晴らしかったので紹介。



んー。素晴らしい。感動した。

これを見ていて「或る旅人の日記」を思い出した。
あれを見たときの同じ印象(感動)。

卒業後は個人で活動していくか、どっかの会社に就職するのかわかんないけど、
入社するならRobotかな?

何のブログを書いとんねん。
っと自分でも思うけどちょいと書いてみようと思う。

先日家でとあることをしてたら気絶してそのまま窓ガラスへ衝突し、
割れたガラスで怪我をして、背中を19針も縫いました。

はじめTwitterには「つまずいてこけて怪我をした」
って書いたけど実は全然違うくて、
家にある懸垂マシーンで懸垂をしてたら、
ブラックアウトして倒れた感じ。

急に激しい無酸素運動したのと、
正面を向きながらじゃなく、
上を向きながら懸垂を一気に10回も呼吸を止めてやったらから、
脳に酸素がいかなくなってブラックアウトしたんだと思う。

割れた窓ガラス。血もついてるしまるで事件現場w
大きい破片少し取り除いたけど、無意識にこの穴を潜ってベッドの上に寝てたからすごいと思う。


ママチャリグランプリとは、
F-1のコースでも使われてる富士スピードウェイを
ママチャリで7時間走るというアホなレース。

ママチャリグランプリ

一昨年会社の人たちと参加したけど、
昨年は参加できなかったので、今回で2回目。

参加メンバーは、
鈴木@BMA_JAPAN奥田@alumican_net道家@doke
山上@kappalab小林@ll_koba_ll金井@bigchu阿部@abtky、永野
の合計8名。

前日22時に横浜駅に集合して、レンタカーを借り、
僕の家に寄って荷物を積んでから富士スピードウェイに出発。
現地には夜中の1時に着いて荷物などを下ろし、就寝。
朝6時に起きて、色々準備して朝8時レーススタート。っという流れ。


レース前の集合写真

結果は1290チーム中312位。
7時間で4.5kmある周回コースを33周しました。



新年あけましておめでとうございます。

今年の4月でフリーランスのWebデザイナーになって3年目。
昨年はいろんな方々にお世話になり、
なんとかフリーランスとして生活していけております。

昨年はWebデザイン、Flash制作だけでなく、
映像制作やCG制作、企画・ディレクションなど
多くのことをやらせていただきました。

それにWeb Designingに読者のWebデザイナーとして紹介していただいたり、
Web屋さんなのにCut&Pasteのモーショングラフィックス部門に出場したりと、
色々と刺激的なことも多くありました。

今年も枠にとらわれず、色々と頑張っていこうと思っておりますので、
本年もよろしくお願い致します。 BillionMilesAway 鈴木順二


年賀状用に作ったCGをアニメーションさせてみたのでぜひご覧ください。



■おいおいどうした民主党
去年政権交代した記事を書いて自分的に期待してた民主党だけど、
政権交代して1年以上経って考えてみると、
あんま自民党と変わらなかった気がする。

でも世間の声を聞いてみると、
民主党がダメだからと言ってじゃあ自民党で良かったのか?
という話だったりもする。

鳩山首相が沖縄の米軍基地を辺野古に移設じゃなく、
県外か国外へとか言っちゃって政権交代したもんだから、
党としてなんとかやろうとしたんだけど、
やっぱダメで結局沖縄でということになり、
沖縄の人たちや、日本国内でも民主党叩きが始まり、
支持率は低下しまくり。

今年もWebやらなんやら色んなことをつらつらと...。

■とにかく2010年はAdobe叩きがすごかった
事の発端はAppleのジョブスが
Flashで書きだしたiPhoneアプリ排除するような動きをして、
ついでにFlashに毒を吐きまくったこと。

それによりFlashというかAdobe叩きがものすごい勢いで広まり、
色んなところからAdobeに対して批判的な意見が続出してきた。

12月11日に渋谷のWombで開催されたCut&Pasteの
モーショングラフィック部門に参戦してきました。


CG WORLDに掲載された記事。下向いて唇噛んでる写真が使われたw


一週間前に「GAME OVER」というテーマがメールで送られてきて、
素材を用意しないといけなかったんだけど
仕事が忙しかったのと、
体調を崩していたということもあり、
まったくアイデアが思いつかなかった。

とりあえず曲を先に作り
その曲を聴きまくってビジュアルイメージを考える
ミュージックビデオ手法でやることに。

何曲か曲を作って、それを二日前から聴きまくり、
なんとか思いついたのが
ブロックゲームのジェンガを音と映像をシンクロさせて
カッコ良く見せようというアイデア。

ほかにいくつか思いついたんだけど、
素材を作り込む時間がなくて、
最低限の素材で済むその案にした。


そしてCut&Paste当日、デスクトップPCと24インチモニター、
キーボード、タブレット、オーディオインターフェイスなど、
20キロ以上ある荷物をダンボールに詰め、
東横線で横浜から渋谷まで向かう。

土曜の8時の電車だったけど、
思ったより混んでいて、ドデカイダンボールを運んでいるせいで、
ものすごく冷たい目線が...。
渋谷駅からWOMBまでも遠い遠い。

去年の大会ではCintiqとか支給されてたらしいんだけど、
今年は機材の支給が何もなかった。

WOMBには9時に到着。
WOMBの4階にあるVIPルームに機材をセッティングして、
事前に用意した素材のチェックと説明を受け10時から制作スタート。

実際制作してみてわかったこと。
・事前に用意した素材のクオリティが低すぎた。
・実際作ってみたら頭でイメージしてたのと尺が合わなくて、
 尺が5秒ほど足りなくてテンパッた。
・思ってたより15秒は長い。
・用意した曲が16秒あってそれを編集したらBPMが変わって、
 作った映像とシンクロしなくなってしまった。
などなど当日に問題発生しまくり。
全参加者の中で一番クオリティが低いのに、一番遅く完成した。

そして8時間で制作したモーショングラフィック作品がこちら↓


映像と音がシンクロしてない残念な作品になってしまいました。
まぁ何を書いても言い訳的な感じにしかなりませんが...。
もっと頑張れたかなぁ...。

まぁWebデザイナーが
モーショングラフィック部門で出れただけでも良かったと思うけど。

モーショングラフィック部門で優勝したのは、
僕と同じ年のショウダユキヒロ氏。
僕以外の誰が優勝してもおかしくなかったですね。

以下実際のWOMBでの制作環境についての愚痴。
15時過ぎくらいから審査員の人たちやら、
ほかの部門に出場する人たちが集まり始めたんだけど、
その場所と僕達が作ってる場所が同じスペースにあり、
その人たち喋り声がうるさいうるさい。

その上真後ろに喫煙スペースがあって、
そこでタバコを吸われるもんだから、
超嫌煙家の僕のイライラはピーク。
制作環境は最低最悪な場所でした。

まぁみんな同じ環境で制作してるわけだから、
何を言っても言い訳にしかならないけどね。


■映像制作環境
・Lightwave
・Adobe Aftereffects

■音楽制作環境
・KORG KARMA(シンセサイザー)
・Steinberg Cubase SX
・Adobe Soundbooth

まぁチャンスがあれば来年も出てリベンジしてやりたいけど。

12月11日渋谷のWOMBでおこなわれるCut&Pasteの本戦に出場することになりました。
参加する部門はモーショングラフィックス部門です。

Cut&Paste in Japan

Cut&Pasteとは決められたテーマを元に、
制限時間内で作品を作るという大会です。

2Dと3Dはその場でテーマを与えられ、
20分の制限時間内に観客の前でリアルタイムに制作しますが。
モーショングラフィックス部門は映像作品なので、
一週間前にテーマが発表され、
8時間を使って1つの作品を制作するそうです。

大会の様子などは去年出場して優勝した細金氏のブログで知りました。

参加のきっかけは去年は観客として観に行き、
来年もあったら参加してみたいなぁっと思っていたら、
今年もエントリーが始まったのをTwitterで発見し、軽い気持ちでエントリー。

一次は過去の作品実績で通過し、二次に進みました。

二次は2Dと3Dは実制作があるのですが、
モーショングラフィックス部門は制作時間の関係でトークのみ。

完全にトーク&質問だったので、
まったく手応えとかはわかりませんでしたが、
無事に本戦に出場することとなりました。

モーショングラフィックス部門の審査員は、
中島信也さん、秋元きつねさん、長添雅嗣さんと著名な方ばかり。

ほかの参加者のかたの情報はまだ知りませんが、
普段Webデザイナーをやっている僕が
どこまで映像屋さんに立ち向かえるのか!
というのがネックだと思います。

モーショングラフィックス部門の外敵、
K-1で言うところのアリスター・オーフレイムを目指して頑張りたいと思います。

もしこれで勝ったらNewYorkで行われる大会に出場することとなります。
頑張ります!

WebDesigningの10月号「Webデザイナー白書2010」の特集記事の中に、
読者のWebデザイナーとして少しだけ紹介していただきました。
自分の自己紹介や、仕事紹介、将来に向けてのの一言などが載っています。




ちょっとカッコ付けたこと言っちゃってますがお気になさらず...。
お時間のある方はぜひ見て見てください。

可愛い女の子が二人載ってますが、
僕の娘ではなく、兄貴の娘二人です。
コハちゃん、ヒヨちゃん写真貸してくれてありがとう!

ということで永ちゃんの途中で抜け、マリーンステージからメッセに移動。

■30 SECONDS TO MARS
今回のサマソニで絶対見逃せないバンド。

実際生で見るのは初めてたけど、
思ったよりライブで盛り上げる感じのバンドみたい。
もっと聴かせる系のバンドだと思ってたので意外だった。

彼らは頑張ってこっちに英語で語りかけていましたが、
無理だと判断したのか客の中から、
「完璧な英語と日本とわかる人~?」っと呼びかけ、
その中の一人、タカという男性がステージに上がりました。

っがしかし、滑舌があまり良くないというのと、
完全に通訳できていないっぽくて、
メンバーもお客もちょっと困ってた感じがした。

あと曲中に客に歌わせようとしてたんだけど、
そのタイミングが難しく、日本人だけでなく、
周りにいた外国人もちゃんと出来てなかった。

お客をノセるのは正直うまくないなぁっと...。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち雑談カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはCMです。

次のカテゴリは音楽です。

最近の記事はインデックスページで見られます。
過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。