新年あけましておめでとうございます。

今年の4月でフリーランスのWebデザイナーになって3年目。
昨年はいろんな方々にお世話になり、
なんとかフリーランスとして生活していけております。

昨年はWebデザイン、Flash制作だけでなく、
映像制作やCG制作、企画・ディレクションなど
多くのことをやらせていただきました。

それにWeb Designingに読者のWebデザイナーとして紹介していただいたり、
Web屋さんなのにCut&Pasteのモーショングラフィックス部門に出場したりと、
色々と刺激的なことも多くありました。

今年も枠にとらわれず、色々と頑張っていこうと思っておりますので、
本年もよろしくお願い致します。 BillionMilesAway 鈴木順二


年賀状用に作ったCGをアニメーションさせてみたのでぜひご覧ください。



12月11日に渋谷のWombで開催されたCut&Pasteの
モーショングラフィック部門に参戦してきました。


CG WORLDに掲載された記事。下向いて唇噛んでる写真が使われたw


一週間前に「GAME OVER」というテーマがメールで送られてきて、
素材を用意しないといけなかったんだけど
仕事が忙しかったのと、
体調を崩していたということもあり、
まったくアイデアが思いつかなかった。

とりあえず曲を先に作り
その曲を聴きまくってビジュアルイメージを考える
ミュージックビデオ手法でやることに。

何曲か曲を作って、それを二日前から聴きまくり、
なんとか思いついたのが
ブロックゲームのジェンガを音と映像をシンクロさせて
カッコ良く見せようというアイデア。

ほかにいくつか思いついたんだけど、
素材を作り込む時間がなくて、
最低限の素材で済むその案にした。


そしてCut&Paste当日、デスクトップPCと24インチモニター、
キーボード、タブレット、オーディオインターフェイスなど、
20キロ以上ある荷物をダンボールに詰め、
東横線で横浜から渋谷まで向かう。

土曜の8時の電車だったけど、
思ったより混んでいて、ドデカイダンボールを運んでいるせいで、
ものすごく冷たい目線が...。
渋谷駅からWOMBまでも遠い遠い。

去年の大会ではCintiqとか支給されてたらしいんだけど、
今年は機材の支給が何もなかった。

WOMBには9時に到着。
WOMBの4階にあるVIPルームに機材をセッティングして、
事前に用意した素材のチェックと説明を受け10時から制作スタート。

実際制作してみてわかったこと。
・事前に用意した素材のクオリティが低すぎた。
・実際作ってみたら頭でイメージしてたのと尺が合わなくて、
 尺が5秒ほど足りなくてテンパッた。
・思ってたより15秒は長い。
・用意した曲が16秒あってそれを編集したらBPMが変わって、
 作った映像とシンクロしなくなってしまった。
などなど当日に問題発生しまくり。
全参加者の中で一番クオリティが低いのに、一番遅く完成した。

そして8時間で制作したモーショングラフィック作品がこちら↓


映像と音がシンクロしてない残念な作品になってしまいました。
まぁ何を書いても言い訳的な感じにしかなりませんが...。
もっと頑張れたかなぁ...。

まぁWebデザイナーが
モーショングラフィック部門で出れただけでも良かったと思うけど。

モーショングラフィック部門で優勝したのは、
僕と同じ年のショウダユキヒロ氏。
僕以外の誰が優勝してもおかしくなかったですね。

以下実際のWOMBでの制作環境についての愚痴。
15時過ぎくらいから審査員の人たちやら、
ほかの部門に出場する人たちが集まり始めたんだけど、
その場所と僕達が作ってる場所が同じスペースにあり、
その人たち喋り声がうるさいうるさい。

その上真後ろに喫煙スペースがあって、
そこでタバコを吸われるもんだから、
超嫌煙家の僕のイライラはピーク。
制作環境は最低最悪な場所でした。

まぁみんな同じ環境で制作してるわけだから、
何を言っても言い訳にしかならないけどね。


■映像制作環境
・Lightwave
・Adobe Aftereffects

■音楽制作環境
・KORG KARMA(シンセサイザー)
・Steinberg Cubase SX
・Adobe Soundbooth

まぁチャンスがあれば来年も出てリベンジしてやりたいけど。

ということで永ちゃんの途中で抜け、マリーンステージからメッセに移動。

■30 SECONDS TO MARS
今回のサマソニで絶対見逃せないバンド。

実際生で見るのは初めてたけど、
思ったよりライブで盛り上げる感じのバンドみたい。
もっと聴かせる系のバンドだと思ってたので意外だった。

彼らは頑張ってこっちに英語で語りかけていましたが、
無理だと判断したのか客の中から、
「完璧な英語と日本とわかる人~?」っと呼びかけ、
その中の一人、タカという男性がステージに上がりました。

っがしかし、滑舌があまり良くないというのと、
完全に通訳できていないっぽくて、
メンバーもお客もちょっと困ってた感じがした。

あと曲中に客に歌わせようとしてたんだけど、
そのタイミングが難しく、日本人だけでなく、
周りにいた外国人もちゃんと出来てなかった。

お客をノセるのは正直うまくないなぁっと...。


今年もサマソニに参戦してきました。



昨年同様バイクで横浜から幕張へ。
昨年はお盆だったので首都高がかなり渋滞していたけど、
今年は一週前だったので渋滞も全然ありませんでした。

僕が行ったのは二日目。Linkin Parkがトリをやった日。

前日寝るのが遅かったけど、
7時過ぎには起きて準備をし、
8時過ぎにはバイクで横浜から幕張までバイクで向かい、
行きは東神奈川から首都高に乗った。

それまでは知らなかったんだけど、
首都高って全線700円で乗り放題だと思ってたんだけど、
線ごとにお金を払わなきゃいけないってことを知りました。
だから行きの高速代だけで1500円くらい出費してしまった。

話はサマソニに戻して、
現地に着いてから毎年並んで買ってるグッズ販売の列へ。
1時間ほど並んでやっとグッズが購入できた。

こいつは買いですね。
LIVE IN TEXAS 以来のライブアルバム。
どうせならDVD3枚組みとかにして、
Project Revolutionで競演したほかのバンドのライブも入れてほしいけど。

CHRIS CORNELL,ATREYU,10YEARS,Hawthorne Heights,
Ashes Divide,AROMOR FOR SLEEPとか

ヨーロッパ公演はしてるのに、
なんでアジア公演はしてくれないんだろう。
日本でやったら絶対行くのに。


参加した。

いろんな人のブログに書かれているけど、運営はかなり最低でした。

細かくは書きませんが...

・スタート順が目標タイムの速い順ではなく、当日のエントリー順。
これでは早く走ろうとしている人で、遅めの組のスタートだと、
人をたくさん抜かさないといけません。
抜かす方も抜かされる方も、接触の可能性があるのでとても危険。

・更衣室
当初入り口に男女の区別がつかなかったので、
間違えて女子更衣室に入りそうになってしまった。
中からほかの男性が焦った顔して出てきたので気づいたようなものの...。
途中から入り口にスタッフ立たせてたけど、なぜ初めからそれに気づかない?

・レース中の給水の配置
人数多いんだから、左右に割り振るべきでは?
みんな止まって給水してるから、
走りながら給水することがほぼ不可能。

・ゴール地点の写真撮影コーナー
カメラ持って走ってる人間なんか、そうはいませんよ。
有料でもいいから、ゼッケン番号とかで後払いで撮影させてあげるべきでは?

・ゴール地点からスタート地点までのバスの待ち時間。
炎天下の中1時間以上、走ったままのユニフォーム姿で立ち続けた。
徒歩で戻った方が間違いなく早かった。
倒れなかった人がいなかったのは奇跡...いたのかもしれませんけど...。

・コンサート開始時間
ゴール地点に戻ったときは初めの2組は終わってました。

・フードコートの少なさ
めちゃ並んで、めちゃ待たされた。
鹿カレーなんて、ご飯がなくなったらしく、1時間近く並んだ。
その上、列の前の人たちにしかそのアナウンスがされておらず、
後ろにいた人たちはなぜ列が進まないのか理由も説明されず。
アホです。

・スタッフの質の悪さ
場内は禁煙となっているにも関わらず、
スタッフの横でタバコを吸っているのに、
スタッフはまったく注意する気配はなし。

コンサート中、スタッフTシャツをきた奴が、
お客側ではなく、完全にステージを見ている。
何のためにそこにいるのか意味不明。

帰り際、スタッフTシャツを着たオッサン3人組が、
場内で普通にタバコを吸っていた。
ありえない...。

・コンサート中のリストバンドの意味
入り口ではリストバントのチェックなんて何もしていなかった。
あれでは部外者でも誰でも入れてしまう。

・ステージ右側のDJブース
雨が降ったせいでテントを置くのはわかるけど、
最終ステージの木村カエラが始まるときにも撤去せず。
ステージ右側からは何も見えなかった。

・ステージから客席の微妙な距離
あれじゃあ遠すぎるでしょ?
木村カエラも言ってたけど。

・帰りの送迎バスの待ち時間
18:15分にはバスに乗れる予定のはずが、
結局バスに乗れたの21時前。
途中で雨が降ってきてもう最悪。
何千人がいっきにバスに乗るんだから、時間かかるの当たり前でしょ?
普通に考えればわかるでしょ?
なぜ行き先によってバスの乗り場を変えるとかしないの?

まぁゴール地点のアナウンスで、
「来年も開催します!場所を変えて!」
っとか言ってたんで、富士山で開催すること決まってから、
開催する直前には運営がグダグダになることが分かっていたんでしょうけどね...。

多分来年はアメリカみたいに日本でも場所を振り分けてやるんじゃないでしょうかね。
アクセスの良い場所で、関東と関西に分けてとか?

運営は最低な大会でしたが、おもしろい企画の大会なので、
今後も続けてほしい大会です。
次回に期待します!


個人の大会としては、
目標は40分を切ることだったんですが、
1週間前のフットサルで膝を痛めていたのと、
調整不足で約44分という平凡タイム。
目標よりも4分以上遅いとは...

次頑張ります!
2年振りに行ってきました。

今年は見たいアーティストがいくつかいた土曜にだけ行ってきました。

朝からバイクで幕張メッセに向かい、
到着後チケットを交換し、グッズの列に並びました。

一昨年と同じくらいの時間に列に並び始めたけど、
今年は早くグッズを買うことができた。
それと毎回出演アーティスト名が入ったグッズは売り切れていたけど、
今年は各日程、場所ごとに違う種類のTシャツ以外は、普通に買えました。
数時間後には売り切れてたみたいだけど、数を増やしたのかな?多分。


まずはマリーンステージでLOS CAMPESINOS!を見た。
まったく知らないアーティストだったけど、
ノリも良く、演奏もうまかったので、普通に良かった。

その後Perfumeを一目見ようとダンスステージに移動するも、
入場規制で入れず...っがしかし、入り口近くまで行ってしまったので、
脱出も不可能になってしまい、演奏が始まると、どんどん押され、
気づくと中に入ってしまっていた。
けど何も見えないので、人を掻き分け、そそくさと退散。

その後今回のサマソニの目的のアーティストの一人、
ONEREPUBLICを見るために、再びマリーンステージに戻り、
Stop And Stare,Apologizeを聴いて感動。

そのままTHE SUBWAYSを見た。

そしてZEBRAHEAD。
曲は好きなんだけど、相変わらずの下ネタ連発。
「チ●コビンビンサイコー!!」とかそんなん連発。
最後の曲ではブログ書けないようなことを、客に言わせてました。
盛り上げ方を間違えている気がする。

その後もう1つの目的のPunic!at the Discoを見た。
ファーストアルバムは買ったけど、セカンドはいまいちだったので買わなかった。
ギター以外そんなにイケメンではないのに、黄色い声援が多くてビックリ。
演奏はまぁ普通。

その後絶対見逃せないLOSTPROPHETSを見にマウンテンステージへ。
今回のサマソニの中で一番良かった。
ROOFTOPSを聴いたときは感動した。
素晴らしいの一言。

その後ピーチステージに移動して、
元アリスターのスコットマーフィーを見た。
日本のカバーをパンクにしているだけあって、
ノリやすいんだけど、MCでドSっぷりを出しまくり。
客もちょっとひきぎみだった気がする。

そしてマリーンステージの大トリのTHE PRODIGYを見に再びマリンステージへ。
大トリのときは何万人も入るマリーンといえど、
アリーナもスタンドも満杯になることが多いけど、
結構空きが目立っていた。特にスタンド席はかなり目立つ。
でもそこはさすがのベテラン。
後半はみんな大盛り上がり。
演奏も完璧。

その後メッセに戻り、1時間仮眠をして、
朝までサマソニの映画を見て、
その後ダンスステージでいくつかアーティストを見て、
4時ごろバイクで帰った。

今回のサマソニはCOLDPLAYのギャラが高すぎたせいか、
トリのアーティストでは最近活動がパッとしないアーティストが多かった気がする。

その割にはチケット高すぎじゃない?クリエイティブマンさん。
会場増やしてアーティストを増やすんじゃなくて、
もっと中身を濃くしてほしいですねぇ。

遊んでみた。難しいなぁ...。


「風の果て」という曲がとても良い...。
柴咲コウという歌手を今まであまり意識しなかったけども
とても良いということに気がついた。
この曲はカップリングらしいんですが、
単体のシングルとしてもいけるんじゃないかと。

「柴咲コウに歌を歌わせようと思って、
それを実行した人エライ!」っと思いました。
これからも歌手活動を頑張って歌ってほしいと思います。

最近はYUI,絢香,Perfume,チャットモンチーっと
僕が良いと思えるJ-POPの女性アーティストがとても増えてきた。

頑張れ男性アーティスト!

っといっても普段は洋楽ロックやらパンクばっかを聞いてるわけですがね...

行って来た。場所はヨコハマベイホール。

先週はさいたまスーパーアリーナでLINKIN PARKのライブに行き、
オープニングアクトでYellowCardのライブを観たけど、今回は単独ライブ。

お台場でマラソンを走った後に行ったから、
体力的にきつかったけど、何とか持ちこたえた。

今回は前から3列目くらいだったから目の前で見れてかなりテンションもあがったけど、
ダイブはやっぱりウザイ。
不意に来たもんだから膝が顔面に入ってしまい、唇を切ってしまった。
ムカついたのでボディーにパンチを入れておいた。

あと手拍子をしているときにダイブをしてくる奴もいて、最悪。
空気読めっつぅの!

なんやかんやでライブも無事終わった。
そしたらなんとドラムのLPがグッズ売り場に登場!
グッズは買おうかどうか迷っていたけど、Tシャツを買い、
LPにサインをしてもらった!感動した!

ファンサービス良いなぁ、LPは。
ほかのメンバーは来なかったけど。
ってか来ないのが当たり前なんですけどね。
YELLOWCARDクラスで来るってのがすごい。

そういえばライブ会場に着いたとき、バイクを止めようとしたら目の前に見た顔がいると思ったら、
YELLOWCARDのメンバーが勢ぞろいで歩いてた。
バイクにまたがってなかったらサインと写真を撮ってもらおうと思ったのに!残念!
さいたまスーパーアリーナでおこなわれたLinkin Parkのライブに行って来た!
結果的に言うと素晴らしかった!
演奏もうますぎるし、チェスターのシャウトも素晴らしかった。

3rdアルバムの曲が多く演奏されると誰もが予想していたいと思うけど、
実際3rdの曲は4曲くらいしか歌ってなかった。
1st,2ndの曲が多く、2年前のサマソニを思い出した。

3rdアルバムも好きだけど、正直3rdの曲ばかりを歌われたらそんなに盛り上がれなかったと思う。
3rdの曲の多くが、ライブで聴く曲にしてはちょっと大人しすぎるし。

やはりLinkin Parkはそこんとこちゃんとわかってくれているみたいで、
盛り上がる曲を多く歌ってくれた。
僕としてはMy Decemberを歌ってくれなかったのが非常に残念だった。
でもMy Decemberまで歌っちゃったら3rdの曲がほとんどなくなりそうだけど。

でも今回のライブの曲のチョイスはある意味Linkin Park自身が
3rdアルバムの評価を深く受け止めた結果なのかもしれませんね。

本人たちは発売前、3rdと1st,2ndの違いを語っていたけど、
ファンはあまりそれを受け入れられなかったみたい。
多分みんな同じことを思っているはず。

やはりLinkin Parkはチェスターのシャウトとマイクシノダのラップがなくちゃね!
あとハンのDJパフォーマンスも。


ちなみに僕が購入した3rdアルバムはDVD付輸入アルバムだったんですが、
そのDVDの中で歌っていたJapanという曲がとてもいい曲だと思ったけど、
なぜか3rdの中に入っていなかったのはとても残念でした。

4thアルバムに期待してます!

ちなみに本家サイトのトップページではSHADOW OF THE DAYのPVを配信中。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち音楽カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは雑談です。

次のカテゴリはFlashです。

最近の記事はインデックスページで見られます。
過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。