スーパーママチャリグランプリ2010シリーズ最終戦に出場してきた。

ママチャリグランプリとは、
F-1のコースでも使われてる富士スピードウェイを
ママチャリで7時間走るというアホなレース。

ママチャリグランプリ

一昨年会社の人たちと参加したけど、
昨年は参加できなかったので、今回で2回目。

参加メンバーは、
鈴木@BMA_JAPAN奥田@alumican_net道家@doke
山上@kappalab小林@ll_koba_ll金井@bigchu阿部@abtky、永野
の合計8名。

前日22時に横浜駅に集合して、レンタカーを借り、
僕の家に寄って荷物を積んでから富士スピードウェイに出発。
現地には夜中の1時に着いて荷物などを下ろし、就寝。
朝6時に起きて、色々準備して朝8時レーススタート。っという流れ。


レース前の集合写真

結果は1290チーム中312位。
7時間で4.5kmある周回コースを33周しました。

■最終的な各個人の周回数
・鈴木:6周
・道家:4周 
・山上:5周
・小林:4周 
・奥田:4周
・金井:4周
・永野:3周 
・阿部:3周

各個人のラップタイムはこちら


全参加チームに必ず配られるトロフィー

メンバーとは当日まで会ってやりとりすることなく、
ほぼ全部をツイッター上でやりとりして、
正直かなり不安でしたが無事に終えることができました。

8人中6人が初参加ということで、
ちょっとバタバタすることもありましたが、
みなさん楽しんでもらえたようで良かったです。


次回への課題は今回の反省点などを。

■費用
始めにざっくりと計算したせいで参加費を一人8000円前後と言ってしまったんだけど、
実際にはそれを余裕でオーバーするとわかり
予算をなるべく上げないようにしたせいで色々と制限が出てきてしまった。

富士スピードウェイに入場するのに一人1000円いるのも忘れてた。
最終的には一人10500円に収まったんだけど少しだけ足が出ちゃった感じ。

出たこともない大会、
それもママチャリで7時間も走るというアホな大会に出場するのに、
10000円以上も出すのはなかなか勇気が入りますからね。

参加人数を増やして一人あたりの費用を抑えるという手もあるけど、
そうするとレースに参加する一人当たりの時間が減ってしまって、
物足りない人も出てくるという問題もあるので難しい。
今回のように8人くらいがベストかなぁ。

今回参加したメンバーのTwitterのTLを見て興味を持った人もいったっぽいので、
6人*2チーム、合計12人程度でも良いかなぁっと思った。
あとレースには参加しないけど、
応援だけみたいな人が一人もいなくて寂しかったですね。 

今回は関西から2名ほど参加予定だったんだけど、
残念ながら参加にはいたらなかった。
来年はシナチクさんが大阪Flasherチームを結成予定だそうなので、
メンバー集めてぜひとも参加してもらいたい。


7時間のハードな耐久レースに耐えた中古で5600円のママチャリ。
おつかれさん!来年もよろしく!


■移動手段
予想より参加費が増えた理由はレンタカー代。
参加者の中に一人くらい車を持っている人がいるだろうと予想してたけど、
結局誰もいなかったので、10人乗りの大型ワゴンをレンタルすることになった。
これの費用が26000円。これに高速代、ガス代を合わせると、
30000円を軽くオーバーしてしまった。
参加費+入場料より高い。

車を持っている人がいたらレンタカーと合わせて2便にして、
前日夕方から出る組と、深夜に出る組にわけ、
場所取りなどにも余裕が出来たと思うけど。

こればっかりはどうしようもないですね。
車持ってる人がいなくても、
来年は自転車が積める程度の中型車と、
小型車の二台に分けても良いのかなぁっと思った。


■場所取り
まだ4回目の歴史が浅い大会なんだけど、
年々前乗する人たちの時間が早くなってるようで、
場所取り時間が早くなってきている。
今年は夜中の1時に現場に着いたけど、
ピットルームもテントエリアも当然VIPルームもいっぱいだった。
なんとか狭いテントスペースを確保することはできたけど。
やはり二便にするかもう少し早く現地に着きたいところ。

 
夜中の1時の時点で場所がほぼ埋まってる...。


■メンバー決めの時期
今回はメンバーを全く決めずに僕が勝手にエントリーして、

そこからメンバーを集めるという方法を取ったので、
なるべく費用面を抑えようとして制限が出てしまったけど、
今回のことで費用感がつかめたので、あらかじめ値段設定をしておいて、
エントリーの時点でメンバーを大体決めようと思っている。

ただ12人くらい集まるだろってことで2チームエントリーして、
実際今回みたいに8人しか集まらなかったら、参加費用増えるは、
レース時間増えるはでかなり辛いけどね。


■UST中継失敗
レーススタート時からママチャリにiPhone取り付けて
UST中継する予定だったんだけど、
スタート時はバタバタしてて準備が間に合わず、
その後PocketWifiの充電やら、ネットに繋がらない状況など色々あって、
結局BBQ風景を中継して、小林さんのときだけレース風景を中継できた。
でもなぜか止まちゃったらしく、 レース途中で切れた。

参加者や応援も含めると数万人もいるってことで、
元々回線の細いSoftBankでUST用の帯域を確保するのは難しく、
小林さんが持ってきてくれたPocketWifiで中継したけど、 やっぱり不安定。

来年もUST中継したいと思ってるけど、
もう少しなんとかしたい。

当日の配信アーカイブはこちら
27分過ぎからコバさんの力走が見られます。


■発電機レンタル
UST中継用のiPhoneやPocketWifiの充電、
現地で仕事をする人がいるかもしれないってことで、
発電機をレンタルした。

結局UST中継は1時間程度しかできなかったけど、
充電のなくなるのが早いiPhoneやスマフォを持ってきている人が多かったので、
発電機のエンジンをかけた瞬間にみんな一斉に電源確保し始めた。

もしかしたらいらなかったかもなぁっと思ってたけど、

その光景を見てレンタルして正解だったなぁっと。
来年もレンタルしようと思う。


■台車は必須...
台車のことはまったく考えてなかった。

当日BBQアイテムやら発電機やら色々と重い荷物を、
車から運ぶのはかなり大変。その上ずっと上り坂...。
レンタルもあるけど送料考えると購入するのとあんま変わらないから、
3000円前後の台車を買っても良いかなぁっと思った。

板買ってきて、そこに滑車付けて、
簡易の台車作っても良いけどね。


■参加費内訳
エントリー費用:19000円
入場料:8000円(1000円*8人)
ママチャリ(中古):5600円
レンタカー代金:26500円
ガソリン代:5000円
高速代:2500円
発電機レンタル代:6200円
消耗品等:12000円
-------------------------------------------------
合計:84800円(一人:10600円 )


 
レース後の集合写真。このあとみんなで御殿場のアウトレットに行きました。
ちなみに写真左上に見えてる山は富士山です。

来年の日程はもう決まっており、2012年1月8日に開催。
今年と同じ三連休の真ん中。
予選という名の先着順のエントリーも今年の5月から始まる予定なので、
予選落ちしないよう今年もぜひ参加したいと思う。

ママチャリグランプリ2011

このブログ記事について

このページは2011年1月17日 01:21に書かれた記事です。

前の記事は[謹賀新年 2011年]です。


次の記事は[私事ですが...背中を19針縫いました。]です。

最近の記事はインデックスページで見られます。
過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。