SUMMER SONIC2010 Tokyo Day1参戦! ~その2~

ということで永ちゃんの途中で抜け、マリーンステージからメッセに移動。

■30 SECONDS TO MARS
今回のサマソニで絶対見逃せないバンド。

実際生で見るのは初めてたけど、
思ったよりライブで盛り上げる感じのバンドみたい。
もっと聴かせる系のバンドだと思ってたので意外だった。

彼らは頑張ってこっちに英語で語りかけていましたが、
無理だと判断したのか客の中から、
「完璧な英語と日本とわかる人~?」っと呼びかけ、
その中の一人、タカという男性がステージに上がりました。

っがしかし、滑舌があまり良くないというのと、
完全に通訳できていないっぽくて、
メンバーもお客もちょっと困ってた感じがした。

あと曲中に客に歌わせようとしてたんだけど、
そのタイミングが難しく、日本人だけでなく、
周りにいた外国人もちゃんと出来てなかった。

お客をノセるのは正直うまくないなぁっと...。


そして自分が一番好きな曲のKings of Queensを前に、
お客さんをステージに上げるとのこと。

指名された人たちがステージに上がっていくんだけど、
こっちから見てもどう見ても上げすぎ。
個人指名したわけじゃないから、
その周辺にいた人が全員上がっちゃったっぽい。

最後の曲なのにステージは結構混乱してるっぽくて、
ステージに上がった人を抑えるために、
スタッフがボーカルとお客の間に入って警備。

ここで1つトラブルが発生。
PAの人まで警備してるもんだから、
ボーカルのマイクをオフにしたままそのまま警備してしまい、
声が拾えてないというトラブル。

急いで戻ってオンにしてまた警備に。

そして曲の終わりかけにドラマーがドラムセットを蹴って破壊。
残ったドラムを蹴り上げ、曲が終わる前にステージ上から去りました。
ボーカルも曲を終えると「Thank you!!」と言い残し駆け足で去りました。

ドラムセットを壊したのはパフォーマンスだと言ってる人もいましたが、
僕はキレてやったんじゃないかと思います。

見てるこっちが心配するほど目に見えて混乱してるってのはちょっとね...。
ステージに上げさせたメンバーが悪いのではなく、
指名されてないような連中までどんどん上げちゃうスタッフに問題あり。

大阪会場の様子は知りませんが、
東京会場の混乱を見る限り上げてないと思うけど実際はどうなんでしょう?

大荒れだった一番最後の曲が一番聴きたかった曲だったので、
なんかちょっと残念でした。

最後に歌ったKings of Queens




■NICKELBACK
30 SECONDS TO MARS終了後ダッシュでマリーンステージへ。
むちゃくちゃ混んでてマリーンステージに入る行列がすごく、
1曲目にはギリギリ間に合わなかった。

1曲目の途中から最前列の右側、クレーンカメラがあるあたりに陣取った。

やっぱりNICKELBACKはカッコイイ。
演奏もうまいし。
ハードロック最高!

ただ途中客に歌わせる部分では、
一部を除き誰も歌わずNICKELBACK全員苦笑い。

NICKELBACKは知っていてもそんなにファンじゃない人も多かっただろうし、
次のオフスプ待ちの人も多かっただろうからちょっと難しかったかも。

NICKELBACKの曲は良く聴いてるけど、
ライブで歌わせる部分の予習は全然してなかったので、
ちゃんと予習しておけば良かったかなぁっと思った。

シーンとなってしまったのは確かこの曲の1分過ぎの部分。
さすが英語圏の人たちはわかってらっしゃる...。



来年はハードロック枠でぜひDaughtryに来て欲しい。


■THE OFFSPRING
NICKELBACK終了後も帰る人は全然おらず逆に人は増える一方。

ただスタンド席はガラガラだったし、
アリーナ後方はまだ空きがあった気がする。

オフスプ全盛期のころなら絶対こんなことはなかっただどうけど、
ここ最近はあまりCDもリリースもしてないし、
人気にも陰りが見えてる気がした。

でもやっぱりライブは大盛り上がり。
最新のアルバムはあんまり聴いてなかったけど、
全盛期の頃の曲もたくさんやってくれて良かった。

あんまり人気がない曲だからライブじゃ歌わないだろうけど
自分が一番好きな Dammit I changed againを歌ってほしかった。




■JAY-Z
最後のマリーンステージはオオトリのJAY-Zの登場!
っがしかし...オフスプ終わりがかなりの客が退場。

スタンド席のも空席が目立ち、
アリーナの横、後ろにはかなりガラガラでした。

普段サマソニのマリーンステージのオオトリ前は
座ってる客なんておらず(ってか座れない)、
ギュウギュウ詰めでみんな立って待っている状態なのに、
今回は以下のような状況...。



世界的には有名なアーティストでも、
日本ではあんまりこのジャンルは人気がないからしょうが無いとしても、
ちょっと寂しすぎるかなぁっと...。

きっとみんなThe Smashing Pumpkins を観に行ったんでしょうね。

でもライブは大盛り上がり。
途中Empire State of Mindで黒人女性が出てきたから一瞬、
ビヨンセ登場か!っと思ったけど全然違った。

まぁ原曲はアリシア・キーズだし出てくる分けないなぁっとは思ってたけど。
でも周りにいた人の多くが
「あれ?ビヨンセ?すごい!」 とか言ってる人がかなりいたので ちょっと驚いた。

Twitter上でも「JAY-Zのステージにビヨンセ登場!」
とか言ってる人がたくさんいて、それがRTされまくってて、
間違った情報が出回ってるみたいだった。



つづく...

このブログ記事について

このページは2010年8月17日 02:28に書かれた記事です。

前の記事は[SUMMER SONIC2010 Tokyo Day1参戦! ~その1~]です。


次の記事は[WebDesigningの10月号に紹介していただきました。]です。

最近の記事はインデックスページで見られます。
過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。