Photoshop CS4を...

使ってみた。
遅いの一言。
これ以外言うことがない。

使用PCは、
Core2Duo T7500 2.5GHz
RAM:2GB
GeForce8400M GS
HDD:160GB
OS:Vista Home Premium 32bit

ブラシがきれいになったとか、
非破壊のカンバス回転ツールとかいろいろ便利な機能があるみたいだけど、
動作が遅すぎて使う気にもなれないし、
インターフェイスも変わりすぎて、正直使いにくい。

フルスクリーンモードで、Windowsのタスクバーが表示されなくなるのは意味不明。
Windowsタスクバーを表示した状態でフルスクリーンモードにして、
ハンドツールなどで画面隅をセンターに寄せることができなくなってしまってる。

Photoshopだけを使うならまだしも、
イラレ、DreamWeaver,Flash,ブラウザ,メーラーなどいくつもソフトを立ち上げ、
いろんなソフトをいったりきたりするのに、
タスクバーが表示されていないのでほかのソフトに移動できない。
MacにはExposeがあるからいけるんだろうけど、Windowsでこの仕様はない。
すべてAlt+Tabで切り替えろということ?

タスクバー表示してメールの受信状態とか、
メッセンジャーの状態とか出したいんだけど...。

動作が遅いのはマシンスペックのせいもあるだろうけど、
いろいろ調べたところウイルスバスターとの相性などもあるみたい。
うちもまさにそれだった。

グラフィックカードのドライバを最新にし、
ウイルスバスターを切ったところそこそこ早くなったけど、
それでも使えるレベルではないなと。

確かにノートPCでPhotoshopを使うのは無謀かもしれないけど、
CS3ではちゃんと使えた。
それにほとんどのデザイナーは
僕と同じようなスペックのマシンで作業しているはず。

メニュー項目を開くのも、
ショートカットキーを押してからの反応も、
何をやっても遅いのでストレスが溜まるし、作業に集中できない。

CS3が出た直後はintelliMouseとの相性でソフトが落ちるってことがあったけど、
アップデートでその問題は解消され普通に使えるようになった。

けどCS4は問題が多すぎて、
アップデートで何とかなるとかいうレベルではないと思う。

今後も時間があれば検証していこうと思うけど、なんだかなぁー。
すごい期待を裏切られた感じ。

【追記 09/01/05】
HDDの空きが少なかったので、外付けHDDにデータを移動し、
HDDをデフラグし、ウイルスバスターをアンインストールし、
かわりにカスペルスキー(体験版)を入れたら、
なんとか使えるレベルにはなった気がする。
それでもCS3と比べるとかなり遅いけど。

でもなぜかCS4はCS3以前と比べてファイルを開くのだけは異常に早い。
レイヤーが100近くあるファイルを開くのに、
CS3だと3分近くかかったけど、CS4なら20秒で開いた。
これはかなりうれしい。
なんでなのかはまったく理由がわからないけど。

しばらくの間、CS3とCS4を併用しながら、
ちょっと様子を見てみようと思う。

【追記 09/01/12】
フルスクリーンモードにしないと、
ハンドツールで画面隅をセンターに寄せられないのはどうやらバクっぽい。

解像度が小さくて、スクロールバーが表示されない画像だと、
画面がセンター固定になってハンドツールで移動できないけど、
ズームで拡大してスクロールバーを出したり、
画像がモニターに入りきらない大きさの画像だと、
フルスクリーンモードにしなくても、ハンドツールは正常に動作した。
今後のアップデートに期待。


このブログ記事について

このページは2008年12月29日 08:36に書かれた記事です。

前の記事は[第57回 大田区ロードレースに...]です。


次の記事は[あけまして2009年...]です。

最近の記事はインデックスページで見られます。
過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。