使ってみた。
遅いの一言。
これ以外言うことがない。

使用PCは、
Core2Duo T7500 2.5GHz
RAM:2GB
GeForce8400M GS
HDD:160GB
OS:Vista Home Premium 32bit

ブラシがきれいになったとか、
非破壊のカンバス回転ツールとかいろいろ便利な機能があるみたいだけど、
動作が遅すぎて使う気にもなれないし、
インターフェイスも変わりすぎて、正直使いにくい。

フルスクリーンモードで、Windowsのタスクバーが表示されなくなるのは意味不明。
Windowsタスクバーを表示した状態でフルスクリーンモードにして、
ハンドツールなどで画面隅をセンターに寄せることができなくなってしまってる。

Photoshopだけを使うならまだしも、
イラレ、DreamWeaver,Flash,ブラウザ,メーラーなどいくつもソフトを立ち上げ、
いろんなソフトをいったりきたりするのに、
タスクバーが表示されていないのでほかのソフトに移動できない。
MacにはExposeがあるからいけるんだろうけど、Windowsでこの仕様はない。
すべてAlt+Tabで切り替えろということ?

タスクバー表示してメールの受信状態とか、
メッセンジャーの状態とか出したいんだけど...。

動作が遅いのはマシンスペックのせいもあるだろうけど、
いろいろ調べたところウイルスバスターとの相性などもあるみたい。
うちもまさにそれだった。

グラフィックカードのドライバを最新にし、
ウイルスバスターを切ったところそこそこ早くなったけど、
それでも使えるレベルではないなと。

確かにノートPCでPhotoshopを使うのは無謀かもしれないけど、
CS3ではちゃんと使えた。
それにほとんどのデザイナーは
僕と同じようなスペックのマシンで作業しているはず。

メニュー項目を開くのも、
ショートカットキーを押してからの反応も、
何をやっても遅いのでストレスが溜まるし、作業に集中できない。

CS3が出た直後はintelliMouseとの相性でソフトが落ちるってことがあったけど、
アップデートでその問題は解消され普通に使えるようになった。

けどCS4は問題が多すぎて、
アップデートで何とかなるとかいうレベルではないと思う。

今後も時間があれば検証していこうと思うけど、なんだかなぁー。
すごい期待を裏切られた感じ。

【追記 09/01/05】
HDDの空きが少なかったので、外付けHDDにデータを移動し、
HDDをデフラグし、ウイルスバスターをアンインストールし、
かわりにカスペルスキー(体験版)を入れたら、
なんとか使えるレベルにはなった気がする。
それでもCS3と比べるとかなり遅いけど。

でもなぜかCS4はCS3以前と比べてファイルを開くのだけは異常に早い。
レイヤーが100近くあるファイルを開くのに、
CS3だと3分近くかかったけど、CS4なら20秒で開いた。
これはかなりうれしい。
なんでなのかはまったく理由がわからないけど。

しばらくの間、CS3とCS4を併用しながら、
ちょっと様子を見てみようと思う。

【追記 09/01/12】
フルスクリーンモードにしないと、
ハンドツールで画面隅をセンターに寄せられないのはどうやらバクっぽい。

解像度が小さくて、スクロールバーが表示されない画像だと、
画面がセンター固定になってハンドツールで移動できないけど、
ズームで拡大してスクロールバーを出したり、
画像がモニターに入りきらない大きさの画像だと、
フルスクリーンモードにしなくても、ハンドツールは正常に動作した。
今後のアップデートに期待。


参加してきた。
大会に参加するのは先月のEKIDENカーニバル西東京大会の1区(10KM)以来。

先週日曜のフットサルの疲労、先週の仕事の激務(徹夜あり)、
前日朝の4時まで仕事をやっていたこともあり、
当日の朝は当然のように寝坊。

そんなこともあろうかと、前日に準備はほぼ完了しているので、
急いでバイクに乗って会場へ。

会場へ向う途中、大井競馬場の前でかなり車が多いので、
競馬でもあるのかなぁーっと思ったら、
そういえば今日はM-1の敗者復活予選やってたんですね。

って話は戻し、
レーススタートは11時半なのに、会場に付いたのは11時過ぎ。

着替えたり、ゼッケンつけたり、計測チップ付けたり、
靴紐結んだり、ラジバンダリー!by ダブルダッチ

靴紐結んでるときに「スタートまであと15分です!」とアナウンスが流れる。
やべーやべーと急いで靴紐を結び、計測用のチップを付ける。
...が!いつものチップと違い、
初めて見る変な形のチップだったので、装着に失敗...。
急いでもう1回靴紐をはずし、今度はちゃんと装着。
そんなことをしていると、「あと10分です!」とのアナウンス。

やばい!荷物預けてない、アップしてない、ストレッチしてない、
朝から何も飲んでもなければ、食べてもない、そしてトイレも行ってない。

急いで荷物を預けトイレへ。...が!めちゃ混んでたので諦めてスタート地点へ。
「あと3分です!」とアナウンス。

もうなんでもいいや!っと思い最後尾で軽くアップ、軽いストレッチ。

そして「よーいスタート!」っと同時にストップウォッチをスタートし、
MP3プレイヤーをボリュームアップ。
初めに聴いた曲はMichiのPROMiSE。

スタート同時に身体に疲労感。特に脛のあたりに...。
フットサルの疲労取れてねぇー!
っと思いながらもどうしようもないのでダラダラと走る。
抑え目のペースだけど、女性もいれば、
ジョギング感覚で参加している人もいるので人をどんどん抜かす。

会場周りを3週するレースなんですが、
実は何周するかも、コースもろくに調べてなかったので、
走っている途中で何周走るのか頭の中でいろいろ思考を働かす。

「1周したところで、今15分くらい...このペースかなり遅いからなぁー、
1周2.5キロくらいかな...ってことはここ4周もすんのか!マジ!無理!」っと思いながら、
アップ不足などもあり、どんどんペースが落ちていき、どんどん抜かされていく。

3周目に入ったところで、「トップの方が戻ってきました!」と会場に流れ、
トップの人がゴールするのを見る。
「あれ?俺まだ周回遅れにされるのこれが最初だよなぁ...
ってことは3周でいいのか!あと1周じゃん!」っと思うとちょっとだけペースアップ。

ペースアップしたにも関わらず、
3週目を半周したところで女子高生2人組み抜かされる。
かなりショックだったので、
恥を捨てて女の子のケツを追っかけまわす変態のように、
その女子高生たちに付いていく。

そのまま女子高生について走っていると、残り1キロの表示が見えた。
ちょうどそのころやっと身体も暖まってきたみたいで、
付いていっていた女子高生に
「ペースメーカーになってくれてありがとう!」っと心の中で思い一気にスパート。
女子高生を抜かすとき、
「こいつこんな体力の残っとったんかい!」っと言うような目線が来る。

どんどんペースを上げ、どんどん人を抜かす。
途中で抜かれた赤いユニフォームの人と、ノッポの男が見えてくる。
「こいつら抜かしたるでぇ!」っとさらにペースアップ。
赤いユニフォームの人はどんどん近くなるけど、
ノッポはなかなか近くなってこない。
どうやらノッポもスパートしているらしい。
会場に入ったくらいで赤いユニフォームの人を抜かす。

このころにはかなり呼吸もあがってきており、かなり限界に近づいてた。

ノッポまであと50メートルくらいのところまで迫ってきたけど、
ノッポもかなりスパートしているらしく、
陸上競技場に入ったところでは、全然差が縮まらなくなっていた。
結局ノッポは抜かせずにそのままゴール。

走る前は45分切れればいいかなぁーっと思っていたけど、
結局45分は切れず、45分半だった。
まぁ体調不良もあるからしょうがない!っと諦めました。

次は来月の25日に新宿シティーマラソンで10キロを走る予定。
http://www.regasu-shinjuku.or.jp/cityhalf09/top.html

この日の前日に引越しをしているので、
ちゃんとトレーニングできるか心配だけど、
今度こそ10キロで40分を切れるように頑張ります!

フォトショップを起動して、拡張機能読み込みの部分でずっと止まってしまい、
起動が完了するまで5分以上かかっていた。
原因を調べるためにプリセットフォルダの中を削除したり、
復活したりしていたら原因がわかった。

自分で作ったパターンが増えすぎたせいで、
そのファイルを読み込むのに時間が掛かってたみたい。

ってか1MBもないパターンファイルのせいで
起動が5分以上かかるってどうなのよ、Adobeさん。

以下パターンファイルの階層
ProgramFile
C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CS3\プリセット

Userフォルダ
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop CS3

パターンは必要なときだけ、
必要なものを読み込むのがいいみたい。

ブラシとかは大丈夫なのになぁ...なぜパターンだけが...。

CS4からこの問題が解決してることを祈ります。

Photoshop CS3のバニシングポイントで制作した3Dデータを
3ds形式で書き出して、Lightwaveで読み込むと
UVマップのレイヤー不透明度が0%になってしまっているので、
100%に変更しないといけない。

プレビューだとテクスチャが見えているのに、
レンダリングすると見えないから焦った。

そのほかにもポリゴンが反転されてたりと問題はいくつかあるようで...。

Photoshopが原因なのか、LightWaveが原因なのかは、
3DS MAXを持っていない僕にはわからない。

lightwave_3ds.jpg

こいつは買いですね。
LIVE IN TEXAS 以来のライブアルバム。
どうせならDVD3枚組みとかにして、
Project Revolutionで競演したほかのバンドのライブも入れてほしいけど。

CHRIS CORNELL,ATREYU,10YEARS,Hawthorne Heights,
Ashes Divide,AROMOR FOR SLEEPとか

ヨーロッパ公演はしてるのに、
なんでアジア公演はしてくれないんだろう。
日本でやったら絶対行くのに。


やっちゃったねぇ。バダハリ。

バダハリはヒールキャラで昔はあんまり好きじゃなかったけど、
ここ最近は亀田三兄弟みたいに知性のないヒールじゃなくて、
計算高いヒールで、うまくそのあたりをコントロールしてたから、
面白くて良かったんだけどね。

亀田三兄弟も最近はバッシングと人気の陰りで、
キャラの方向性を変えようとしてるみたいだけど。
もう遅いと思うけどね...。

それはそうとバダハリの反則。
せっかく今大会も今までも面白い試合をしてきたのに残念で仕方ない。

いくらレミーのことが嫌いだからって、反則をするのは論外。

まぁ確かにレミーは戦えないほどのダメージがなかったのかもしれないけど、
反則技で攻撃されてしまった以上、文句は誰にも言えないかな。

全体的に見てバダハリファンが多いから、
反則でくらった攻撃の症状を大袈裟にアピールして(るかはわかんないけど)、
バダハリを失格負けにして優勝したレミーに怒りを感じてる人もいるだろうけど、
どちらのファンでもないニュートラルな人間からしてみると、
やっぱりどう考えてもバダハリが悪い。


バダハリが試合後の会見で、

――最後のシーンではどうしたのでしょうか。
バダ レミーに対して個人的な感情が溢れてしまった。ブッ倒すそうとヒートアップしてしまったんだ。それに、オレがアグレッシブに仕掛けても、相手が返してこないのでイライラしていた。それで倒れるシーンがあったが、ストリートファイトの本能が目覚めてしまった。それが真相だ。


プロ失格だな。
理性を抑えるのがプロ。ってか人間として当たり前。
カラエフだって準々決勝でサキ相手にアグレッシブに攻撃してるのに、
相手がガードし続けて、隙をつかれてカウンターくらってダウンして、
体力なくなって結局負けちゃったけど、反則なんてしなかった。


――反則のダメージはあったと思いますか?
バダ なかったと思う。あの時点では倒れて苦しんでいたが、失格が決まった途端、立ち上がって素晴らしいスピーチをし やがった。それにセコンドからも立ち上がるな、と指示があったのを聞いていた。レミーは試合で王者を勝ち取ったんじゃなく、今日は俳優として主演男優賞 だったってことだ。


う~ん...反則した選手が言えた台詞じゃないと思うんだけど...。
ってかサッカー選手だって相手に反則くらえばオーバーにリアクションしてアピールするしねぇ。


――新しい時代を作るのは、来年以降に持ち越しですね。
バダ そうか? オレは十分に変革が行なわれたと思っている。一試合目は伝説のアーツを破っているし、決勝でも優勢に試合を進めていた。十分だろう。それを認めないのなら、それは認めない奴らに問題があるんじゃないか?


優勢に試合を進めていた?...ん?...確か1ラウンドでダウン取られてなかったっけ?


確かにレミーの戦いはバダハリと比べると積極性がなくて、
バダハリの試合と比べると盛り上がりもあんまりないけど、
まぁそれは選手のスタイルだからねぇ。
それ言ったらセームシュルトの試合なんて全然面白くないし。

人気がある選手なのでK-1がバダハリを見捨てることはないだろうけど、
マウントで人を殴るならバダハリも一回総合やってみたらどうでしょう?
手足長いし、スピードもあるから意外といけそうな気がする。

まぁ僕としては去年はカラエフは家族の都合で1年試合に出れていなくて、
その間にバダハリがヒーローになちゃってたから、
今度はバダハリが出場停止している間にカラエフに頑張ってもらいたいですね。
カラエフファンの僕としては。

このアーカイブについて

このページには、2008年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2009年1月です。

最近の記事はインデックスページで見られます。
過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。